DTMの闇へ戦い方

未経験で音楽スタート!
僕と一緒にレベルアップしましょう。

  1. >TOP>機材レビュー>モニターヘッドフォン有名ドコロ

DTM機材の優先度

機材ごとの判別

僕が今現在で言えるDTMに対する揃え方・考え方について書いてみました。

オーディオインターフェイス

録音と再生の要です。3万円ぐらいのでも大丈夫な気がします。 (録音中心の人は別かも知れない?)

ただ、僕はあまり録音しないのですが、僕はプロと環境で差がつけられるのが嫌という、
そういう可能性を消したかったので、結構高価なものを買いました。
因みに、録音を綺麗にデジタル化できてるかとか、再生がフラットかどうかなんて素人には分かりません。
わからないなら、とりあえずプロが使ってそうなものを買えば終わるので、それでいいやと思いました。

環境のせいで聞こえない部分、環境のせいで気がつかないとかあるのが嫌だったんですよね。
この可能性を消すために。腕がダメなら納得できるけど。

モニタースピーカー

扱いが難しいです。
自宅で出せる音量を考えると、おそらく低音をモニタリングすることは難しいんじゃないかと思います。
理由は計ったら低音が出てませんでした。オレンジの線がスピーカーから出てる周波数です。

arc2

僕がスピーカを設置するのが下手、計測を上手く出来てない可能性はあるんですけど。

因みに、スピーカーの設置方法は難しいです。これについては今後の記事で補足するつもりです。
でも、スピーカーはあったほうが良いです。全体のバランスが取りやすいからです。

モニターヘッドフォン

スピーカーより細かく聞けます。深夜でも作業できます。設置の問題がありません。
個人的にはそれ相応のものを買ったほうが良いと思います。 ヘッドフォンの記事はこちら

語弊を恐れずに言えば、スピーカーで曲を見て、ヘッドフォンで個別トラックを見ます。
ただ、まだ色々試し中です。(´・ω・`)

MIDIキーボード

音楽未経験者の人で、マウスで完結する人もいるのですが、これから初める人は購入を強くすすめます。
あったほうが作業効率が上がりますし、勉強する上でも視覚的に見えて触れて便利です。 必須だと思います。

DAW

なんでも良いと思います。 師匠がいるなら師匠と同じものを買いましょう。
操作でも迷わないし、プロジェクトファイルもらえるならそのまま読み込めます。これが重要です。
(DAWごとにファイルが異なるので、基本的に違うDAWのファイルはそのまま読み込めません。)

格別教わってる人がいない方は、Cubaseを薦めます。
理由はサードパーティ系が相性確認していることが多いです。
噛み砕いて言うと、DAWメーカーとは別のメーカーのコンプレッサーやEQって結構使うようになります。
大体VSTで、規格上動くはずなのですが……
実際に動くかどうかを確認してくれてるのは大きいです。

あ、SONARも!僕、SONARユーザーです!!SONARで曲作ってます!!!
色んなガジェットが毎月付いてきて遊べます。(o・ω・o)

音源

最初はDAW付属の音源で良いと思いますが、その後買い足すことになると思います。
特によく使う音源、ピアノとかドラムとかは、自分がかっこいいと思うのを揃えたほうが良いです。

なんでかというと、テクノロジーの影響をいまDTMはもろに受けていてですね、
サンプリング系(生音を録音してる感じの音源)は以前よりレベルアップしてます。

加えて、かっこいい音源を使えば、曲がかっこよくなります。
何も練習しなくても、曲のクオリティが上がったように聞こえます。

ソフトプラグイン(コンプレッサーとかEQとか)

結構効果があります。
僕も最初、ビンテージ系の高級プラグイン挿しただけで良くなるとか嘘だと思って、DAW付属で頑張ってました。

試しに買った所、どう聞いても良くなってます。
本当にありがとうございました。

(ただ、音源そのもののポテンシャルが上がるわけじゃないです。
また、楽曲がカッコ悪ければカッコ悪さが直るわけでもありません。
音源のポテンシャルを引き出したり、処理しやすくなると考えてます。)

また、プラグインもテクノロジーの進歩をもろに受けていてですね……。
基本的に新しい物を買ったほうが良いです。
マスタリング用プラグインなんかはかなり顕著だと思います。

実機(コンプEQ)

昔はPCがないので、コンプレッサーやEQという現物の実機を使っていました。 アウトボード・実機とか言われます。大変高価なので、なかなか買えません。

先日、僕がチェックしていたとある音源なんですが、自然に整っていてうまいな~って思ってました。
(いや、心のなかでは僕のがうまいなって思ってたんですが……)
僕だとこういう質感は出せないんだよなあって思っていて……。

あまりににも気になったので、「何使ってんの?」と訪ねてみたところ、
リミッターの1176(実機)でした。本当にありがとうございました。
僕も欲しい……。

PC

デスクトップでやるのをおすすめします。処理が早いのでイライラしません。
グラフィック以外できるだけ性能が高いものを選びましょう。
CPUパワーやメモリー不足でイライラしてる人をよく見ます。

ケーブル

正直結構怪しさを感じています。因みに僕はプロヴィデンスのちょこっとだけ高いケーブルを使ってます。
確かにケーブルを買えると音は変わります。

変わるんですが……、だからなんなのっていう……。
最初のうちは断線しにくい程度のケーブルで良いと思います。激安ケーブルって結構断線しますよ!

USBケーブル

USBを使って音の遣り取りをするんです。これ中がどうなってるのかよくわからないんですが。
僕もですね、ちょこっとだけ良いグレードのオヤイデのケーブルを使っています。
因みに音は変わります。

確かに変わるんですけどね。
多分、リアルで目隠しされて、クイズ!っていうのをやったら、僕、間違えないと思います。
コッチがオヤイデ(`・ω・´)シャキーンってわかると思います。

だけど、聞いてる側は、これオヤイデのケーブルで作った曲でしょ!!ってならないんですよね……。
トラブル避けるために使ったりとかそういう趣旨かなあなんて思います。

電源まわり

DTM会の闇の世界へようこそ。
個人的にはトラブルが起きないように品質のあるものを買うのであれば良いんではないかと思いますが……。
電源まわりは、僕はふつーの家庭用のを使っています。

音がどうこう言う人も居ます。多分変わるんだとは思いますが……。
( ゚д゚ )<「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ」

橙が思う機材優先度

基準は何なのか?

選ぶ目安

DAWやMIDIキーボード等、一通り揃ったら、まずは音源です(`・ω・´)シャキーン。
何も言わないで、他人に伝わるものを優先的に揃えましょう。
例えば、すっげーチープなピアノ音源とサンプリングされたリッチなピアノ音源って違いますよね。
聞いてる側もわかると思います。また使用頻度が高いものから揃えてみましょう。

一番は音源

色々工夫するっていうはもちろんあるんですが、音源がかっこいいだけで、作曲がチープでもかっこよく聞こえます。
そして、聞いてる側は作曲がかっこいいか、音源がかっこいいかなんてあんまり関係なくてですね(;^ω^)、
単純にかっこ良いかかっこ良くないかだと思います。

音源は腕と言うよりお金勝負になりますので、買える人は買ったほうが良いです。
節約してもよいですが、僕の場合、あまり良い結果を生みませんでした。
また、みんなDAW付属以外の音源をめちゃめちゃ使ってます。

例えば、DAW付属の音源のギターを使って、いかにリアルに寄せていくかというのやるより、
弾いてもらえば、(若しくは別なギター音源を買うとか)
その時間を別のところに費やして、曲のクオリティをあげられそうです。

但し、注意点としては、音源を使いこなせるかどうかは別問題です。
ストリングス一つで色んな奏法があるので、その奏法を知らないと使えませんよね。
ここは、頑張るしかない(`;ω;´)。
ただ、出音がとりあえずかっこいいだけで、曲はかっこよくなると思います。

ONEさんまとめて……。

うーんw文字ばっかりですみません(;^ω^)

最後にONEさん一言オナシャス

one

「んあ・・・w
 またw」

one

「曲を描いてる時間より、
 機材を選んでる
 時間が長くならないように
 気をつけてね・・・」